野田市斎場 > スタッフブログ > 道すがらに最近思うこと

道すがらに最近思うこと

2011-11-13

葬祭業は仕事柄、車で移動することが多いと言うか車で動けなければ話になりません。

そんな車で移動中に思うことです。

国道や県道、はたまた地元の人しか知らないような裏道を駆使して、かつ地図やナビを頼りにご葬家様のご自宅に伺ったり、ご葬家様の菩提寺に塔婆などのお届け物をしたり、役場や出張所へ許可書を作成しに行きます。

それに併せてご搬送に向かう病院や警察、老人ホームなど最近ではグループホームといったマンションの一室であったり、自宅兼用で開いていればそちらの自宅へ伺うこともしばしばあり、とにかく道路事情が一番苦労する点です。

特に時間との闘いの時は尚更です。

そんな運転中に思うことなのですが、借主募集中の空き店舗が凄く増えてきたように感じます。

不景気な世相柄、仕方の無いことなのかもしれませんが、「この間まで車屋さんだったのに・・・」、「あれ?ここにあったコンビニ潰れてる!」、などといったように、なんだか寂しくなると共に、「ここに何が建てば繁盛するのかな?」というような、いろいろと考えを巡らせながら動いています。

こと自身の立場で言えば「葬儀場」ですね。

最近ではやはり高齢化社会ということで、お亡くなりになられる方が現実に増えております。それに伴って斎場の予約状況も混みあっていき、なかなか思うように進行出来ない場合があります。

ご葬儀の規模も縮小されていって、家族葬といった小さいお葬式が主流化しつつあるので、やはり小さな葬儀式場を持たないと厳しいのかな?でも、今の資本ではまだまだそこまで及びません。

蒼葉葬儀社の知名度を上げていき、より多くの方から頼られる葬儀社を目指し、葬儀式場を持たないといけないなと感じています。

より一層の努力でなんとかこの夢を成し遂げたいです。

野田市斎場総合案内
Copyright© 2010 野田市斎場総合案内 All Rights Reserved.